×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職活動のしかた

転職活動について調べてみました。ここ数年、日本においては若い世代を中心に終身雇用を重視するという考え方が薄れてきています。それにともなって、転職を繰り返しながらキャリアアップをしていくことを希望する人が増加しています。就職して2〜3年で転職を考えることも珍しくありません。では実際に転職しようと思ったら何をしたらよいのか?先ずは、転職活動と職さがしの流れを把握しましょう。

求人情報の選び方

自分に合った求人情報の選び方について。転職活動をスタートする際には、まず求人情報を集めることですが、インターネットや求人情報紙などのたくさんある求人情報から、いかにして自分の希望する本当に適した仕事を見極めることができるのかが転職活動を成功させるためのポイントです。まず、最初に仕事探しをするうえで自分にとって絶対ゆずれない項目をいくつか選択しておくことをおすすめします。そうすることで仕事が選びやすくなります。自分に適した仕事情報をいかにして効率よく見つけるかが転職活動を成功に導くための第一歩だからです。自分が次の仕事を決めていくときに、これだけは譲れないポイントを絞っておくだけでも「これだ」と思えるような、希望している条件と合致する仕事を見つけやすくなります。具体的な募集事項の各項目については、仕事内容、会社の雰囲気のほか給与面・通勤場所など、できるだけ具体的に考えておく必要があります。

円満退社のしかた

円満退社について。新しい会社に(就職が決まったならば、転職する際にしなくてはならない事があります。まず最初に在籍していた会社を円満退職することです。会社に事跡していた期間が長かった人はもちろんのこと、在籍期間が短かかった人でも退職するするときは、職場の人達の迷惑を掛けないように退職することが大切です。日程的には、退職の2ケ月前には最初の報告をするとが理想的です。そして1ケ月半前には具体的な退職日についての相談をします。退職する決意が固まったなら、いろんなトラブルになる可能性があるので、上司に話す前に同僚に話すのはやめましょう。必ず、最初は直属の上司にその意思を伝えるようにしましょう。なるべく繁盛期を避け、十分に引継ぎができる期間をとりましょう。そして、1ケ月前に退職届けを提出し、10日前には取引先への挨拶等を済ませます。会社から貸与されているすべての物品を返却するのは退職日当日です。